坐骨神経痛の症状と治し方~ストレッチ/マッサージ~

こんにちは!

本日もトリガー鍼灸・整体院のブログをご覧いただきありがとうございます。

みなさんは、足にしびれを感じたことはありますか?

・長時間座ったあとに立ち上がるとき

・ふと後ろを振り向こうと身体をひねったとき

・前かがみになったとき

・腰を後ろに反ったとき

・電車で立っているとき

・歩いているとき

・座っている時間が長くなったとき

腰やお尻から脚にかけて、痛みやしびれが出てしまう方はいませんか?

【足のしびれ】と聞いて、「坐骨神経痛」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

今日は、トリガー鍼灸・整体院にも多く来院される、坐骨神経痛についてお話していきたいと思います。

坐骨神経痛とは?

「足がしびれるやつ!」とすぐに分かる方も多いのではないでしょうか。

ですが、坐骨神経痛というのは症状であって病名ではないということをご存知でしたか?

何らかの原因によって、坐骨神経を圧迫してしまうことで足に痛みを感じたり、ピリピリとしびれが出てしまう。

そんな症状のことを「坐骨神経痛」と呼びます。

坐骨神経痛になる原因はいろいろありますが、

・腰椎椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・梨状筋症候群

・腰椎分離症/すべり症

といったものが原因で起こることが多いです。

坐骨神経

坐骨神経は、腰椎という腰の骨から骨盤、お尻を通り、足にかけて伸びる神経で、人体の中では最大級に太く・長い神経です。

この坐骨神経を取り囲む筋肉が硬くなってしまうと神経を圧迫してしまい、痛みやしびれなどの症状が出てしまいます。

坐骨神経痛の症状

では、いろんな原因によって起こりうる坐骨神経痛とはどんな症状なのでしょうか。

一般的には、お尻から足の後ろ側にかけて走る痛みやしびれが多いのが特徴です。

痛みやしびれだけでなく、疲労感が抜けない、常に足が重い、冷感や灼熱感を伴うものであったり、足への締め付けが強くなる、という方もいます。

また、症状の出る範囲も人によって差があります。

代表的な部位としては、お尻、太ももの裏、すね、ふくらはぎ、つま先です。

お尻だけ、というように一部分に症状が出る方もいれば、お尻~つま先にかけて広い範囲で症状の出る方もいます。

症状も人によって差があることから、痛みやしびれがあっても坐骨神経痛と分からずに発見が遅れてしまうこともしばしばあります。

坐骨神経痛の原因

比較的年齢が若く(20~30代)、坐骨神経痛の症状が出る場合

分離すべり症腰椎椎間板ヘルニア梨状筋症候群による原因が多い傾向にあります。

身体を酷使することで腰椎へのストレスが増し、椎間板という脊椎の衝撃緩衝材がつぶれ、神経を圧迫してしまうことで発症します。

また会社員の方で多いのが、長時間の座位が続くことでお尻の筋肉(梨状筋など)が硬くなり、神経を圧迫してしまうことで発症します。

※椎間板とは…

背骨は、椎骨という骨の積み重ねにより構成されています。椎骨の間には、クッションの役割を持った軟骨が存在しており、これを椎間板と言います。

椎間板がつぶれてはみ出てしまったり、飛び出してしまうのが椎間板ヘルニアです。

中高齢の方(40代~)で、坐骨神経痛の症状が出る場合

加齢により、椎間板の柔軟性が損なわれることで、腰椎椎間板ヘルニアとなり発症するケースや脊柱管狭窄症という、脊柱管という神経の通り道をふさいでしまうことで坐骨神経痛の症状を発症するケースが多くなっています。

※脊柱管狭窄症とは…

長時間歩いていると、間欠跛行(かんけつはこう)と言ってだんだん足がしびれてきて動けなくなる症状が特徴です。前かがみになったり、少し休むと回復しまた歩けるようになり、歩いては休み、の繰り返しが多くなります。

坐骨神経痛を自分で何とかしよう!

坐骨神経痛になる原因は様々ですが、骨盤の歪みと股関節周辺の筋肉が大きく関係しています。

では、骨盤の歪みを整えるために周辺の筋肉をゆるめる方法をお伝えしていきます!

ストレッチ

お尻の筋肉を伸ばすストレッチ

特に、腰椎椎間板ヘルニアや梨状筋症候群の人にオススメのストレッチです。

  • 体育座りのように座り、両手は後ろにつき、体重を支えます。
  • 伸ばしたい側の足を反対側の膝の上に乗せます。
  • 乗せた足のすねと胸を近づけていきます。
  • お尻や股関節周辺にストレッチ感があれば、その姿勢をキープしていきます。
  • 痛くない程度に20~30秒程度その姿勢を保ちながらゆっくりと呼吸を繰り返します。
  • 反対側も同様に行いましょう。
  • 朝、晩と1日に2回ほど、時間の合間でも出来れば行いましょう。

※やればやるほど良いものではありません(1回20~30秒程度で十分です)。効果が出るまでには個人差があります。

ももの前側を伸ばすストレッチ

股関節の筋肉のバランスをとるために、お尻の筋肉(後ろ側)と合わせて太ももの前側の筋肉を伸ばしてあげましょう。

  • 伸ばしたい側の足が上側に来るように横向きで寝ます。
  • 足首を持ち、踵をお尻に近づけていきます。
  • 太ももの前に伸びる感覚があれば、痛くない程度に20~30秒程度その姿勢で伸ばします。
  • 反対側も同様に行いましょう。

※やればやるほど良いものではありません(1回20~30秒程度で十分です)。効果が出るまでには個人差があります。

マッサージ

ご自宅でもマッサージが出来ます。

用意するものはテニスボール(またはそれに近い大きさや硬さのもの:ゴルフボール、タオルを硬めに丸めたものでも可)

  • 仰向けで寝て、両ひざを立てます。
  • お尻の中心(えくぼのように少しへこんでいる部分)付近にテニスボールを置きます。
  • テニスボールの刺激が気持ちいいなーと思う箇所を探してボールの位置を調整してみてください。
  • イタ気持ちいい箇所を見付けたら、そのまま30秒程度乗り、徐々に刺激がマイルドになってくるのを感じましょう。
  • 刺激が入る箇所を少しずつずらしながら、片側のお尻全体を3~5分ほどかけてほぐしていきます。
  • 乗っているだけでは刺激が足りないという方、より刺激が欲しい方は、乗った状態からすこーしお尻をふりふりと動かしてみてください。
  • ただ置いてあるだけよりも、身体を動かした方が刺激が入りませんか?
  • 翌日以降に揉み返し様の症状が出てしまう方は一度の時間を短くしたり、身体とテニスボールの間にタオルをはさむなどして刺激を調整して見てください。

まとめ

いかがでしたか?

坐骨神経痛とは言っても、原因も症状も1つではないんですね。

上記であげた、ストレッチとマッサージは梨状筋症候群や腰椎椎間板ヘルニアの人には特にオススメのものです。

もちろん、他に原因がある!という方も健康の為にやって頂くと良いものをご紹介させていただきました。どの症状の方も、骨盤の歪みを整えておくことが重要ですね。

  • 坐骨神経痛は病名ではなく、症状である
  • 筋肉の硬さが神経を圧迫してしまっているケースが多い
  • 骨盤の歪みと股関節の筋肉の柔軟性を高めることが大事
  • テニスボールに20~30秒程度乗っているだけでいい

このブログをご覧の方にも似たようなお悩みをお持ちの方がいたらぜひ試していただきたい方法です。

上記の方法を試してもなかなか改善しない、そんな方は一度、専門の人に見てもらうのが良いでしょう。

あなたの坐骨神経痛の原因を見付け、最適な解決方法を導いてくれますよ。

本日もブログをご覧いただきありがとうございました。

コメントは受け付けていません。