すべり症でやってはいけない運動とは?

あなた、もしくはあなたの周りにこんな方はいらっしゃいますか?

ある日、腰に痛みを感じたので病院を受診した。

病院の検査では、「腰椎すべり症」と診断を受けたため、痛み止めと湿布薬を処方され、痛みが引くまで運動も休み、安静にしていた。

安静にしていたおかげで痛みはだいぶ治まったので、もともとおこなっていた運動を始めようと病院の先生に相談したら「運動は腰に負担がかかるからやめておいた方がいい」と言われてしまった。

すべり症と診断された場合、運動はしてはいけないのでしょうか?

今回は、すべり症の方がやってはいけない運動・できる運動についてお話していきます。

もしあなたがすべり症と言われたけど、運動したい!と思っているならば始める前にこの記事を最後までご覧ください。

腰椎すべり症とは?

すべり症とは、なんらかの原因により腰椎が通常の位置からずれてしまっている状態を言います。

一般的なものは、「腰椎分離すべり症」です。

これは、腰椎という骨に起こる疲労骨折のことです。スポーツを愛好する少年に多く、加齢により発生している方もいます。

腰椎が前方にすべることが一般的に多い症状ですが、まれに後方にすべり症状が出る方もいます。

腰椎が前方にすべるということは、腰を反ったような形になります。

病院でもお医者様からは「腰を大きく動かす運動や反るような動きはやめてください」と言われることが多いのではないでしょうか。

事実、腰椎すべり症の方は腰を反ったときに腰椎に限局した痛みを感じますので、腰を反るような動きはおすすめできません。

また、腰椎すべり症になる方は腹筋の力がないということも原因と言えます。

その為、腹筋をしましょう。と言われるかもしれません。

かといって、腹筋をすればそのすべり症が治るかと言われれば、治りません。

腹筋力がない、というのは日常生活の中で自然と使われるべき腹筋がうまく使われていない、ということです。

腹筋(仰向けで寝て起き上がるような運動)は腰椎すべり症や腰痛症状を緩和するために行うものではないので、特にやる必要はないと我々は考えています。

すべり症で行ってはいけない運動

では、どんな運動はよくて、どんな運動をしてはいけないのでしょうか?

運動が好きで今までしてきた方も、すべり症ということを考えて運動をする必要があります。

大好きな運動を続けるためにも、痛みが強くなっては仕方ありませんからね。

運動のリスクを理解した上でご自分に出来るものを選択して行いましょう。

腹筋

先ほどもお伝えしましたが、腹筋を鍛えたからすべり症が治るということはありません。

基本的に痛みを感じながらの運動というのも我慢して行う必要はありません。

日常的に感じている痛みを緩和させるためのトレーニングとしては、腹筋も1つの方法です。

上体起こしのような運動はおすすめできませんので、腰に負担をかけるものではなく、呼吸を意識するようなものなど考えておこないましょう。

まず簡単にできるものとしては、「ドローイン」という方法があります。

ドローインとは、常にお腹をへこませた状態をキープする運動です。お腹を常にキュッと締めておくことで腹圧を上げ、腰への負担を軽減する方法です。

初めは仰向けで寝た状態で15秒程度、ドローインをキープできるようにしましょう。

慣れてきたら、秒数を伸ばす、どんな姿勢でも出来るようにする。とレベルを上げていきましょう。

ヨガ・ピラティス

これらの運動が全くダメ、とは言いませんがヨガやピラティスは上級に進むほど、身体に対する負担が大きくなります。

特にヨガは、身体を反るようなポーズやひねる動きが多くあります。腰が反るような動きやひねる動きはすべり症にはよくありません。

実際に、ヨガやピラティスインストラクターの方で治療院を利用する方もいます。

ヨガを行う際も、痛みのでない範囲で行うことが必要になってきます。

プログラムレッスン

フィットネスクラブで日ごろから運動をする方もいますよね。

そこで行われるグループレッスンでダンベルやバーベルなど重いものを使用するようなものは要注意です。

一見力強く鍛えられるから、と考えられそうですがそんなことはありません。重いものを身体の重心である腰が負担を負うこと

だすべり症を悪化させてしまう危険性があります。

水泳

水泳は全身運動で、体幹が鍛えられるから!と意気込む方もいらっしゃいます。

泳ぐ姿勢は身体をまっすぐに保つことが必要ですが、人によっては、足と頭だけ水面上に出て、腰を反るような形で泳ぐ姿勢を取る方が見受けられます。

また、あまり行う方はいないかもしれませんが、水泳の中でも特にバタフライ泳法はお勧めしません。どうしても腰を反るような動きを伴いますので、バタフライは遠慮しておきましょう。

登山

登山は、重荷を背負っていきますよね。リュックサックでも、重い荷物では腰への負担がすごく大きいのです。

荷物を背負い、痛みを我慢しながら登山をしていたり、翌日やそれ以降に痛みや違和感を感じるようであれば、辞めた方がいいでしょう。

今のあなたの身体が、登山という強度に耐えられる状態ではない、ということです。

軽装で行けるのであれば、登山もかなり良い運動だと思います。

ご自分に合った運動を見つけるには?

まずは、ご自分の身体の状態を知ることが必要です。

一般的には前方すべりの方が多いものですが、後方すべりの方もいらっしゃいます。

基本的に運動の禁忌などは前方すべりでも後方すべりでも変わりませんが、ご自分の身体について把握しておいた方が当然わかりやすいです。

上記に上げたような運動は、特に腰にかかる負担の強いものです。

全てが禁止になるわけではありません。

運動を行ってみて痛みが出てくる、翌日以降に痛みや重だるさを感じるのであれば、それは運動強度が高すぎたり、今のあなた

の身体には適していない運動といえるでしょう。

いきなり全力で行うのではなく、3割くらいの強度から始め、問題なければ5割.7割と少しずつ強度を上げていくことが必要です。

すべり症の場合は、腰の不安定さは変わりません。

腰痛が治まり、以前のように運動をしてまた腰痛が起きて・・・と繰り返す腰痛に悩まされる方が多い傾向にあります。

すべり症になってしまったら、以前のように全力で運動をするのは難しくなってしまうかもしれません。

ですが、時間をかけて運動の出来る範囲を広げていくことは可能です。

ご自分でできることを見つけることが、必要になりますね!

トリガー鍼灸・整体院では、あなたの「やりたい」を叶えるお手伝いをさせていただきます。

日常的に痛みが続く方には痛みを取るための治療も必要になりますよね。

腰を無意識にかばうことで、腰以外の場所に痛みの原因が出来てしまう方がいます。

痛みを感じる場所から離れた箇所に痛みの原因があるポイントを「トリガーポイント」と言います。

痛みが出ることでやりたいことを制限されてはいませんか?

まとめ

いかがでしたか?

腰椎すべり症になってしまったら、運動を辞めなきゃいけない・・・

そんなことはありません。かといってバリバリ鍛えれば良いというものではないということを知っておきましょう。

自分に出来る運動を見つけることで、運動を楽しく続けることが出来るようになりますし、すべり症による痛みを感じることもなく、継続することが出来ます!

また、痛みを取るという治療院を頼っていただくことで、より早期に運動復帰へと導くことが出来るでしょう。

これを読んだあなたの参考になれば幸いです。

腰痛に悩む方にも是非、こちらのブログをご紹介ください。

コメントは受け付けていません。