原因は膝にない?日本代表の選手も悩まされた膝の痛み

こんにちは!

本日もトリガー鍼灸・整体院のブログをご覧頂きありがとうございます。

9月に入り、酷暑と言われていた夏から徐々に開放されてきましたね。

徐々に気温も下がっていき、夏から秋に変わっていきます。

秋といえば、

食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、みなさんの秋はどんな秋ですかね?

本日は、スポーツをやっていく皆さんに気を付けて頂きたい膝の怪我についてお話していきたいと思います!!!

当院に膝の痛みを抱えてくる患者さんが数多くいらっしゃいます。

靭帯損傷、半月板損傷、鵞足炎、腸脛靭帯炎、膝蓋腱炎、変形性膝関節症、オスグッド・シュラッダー病など様々な症状でお悩みをお持ちの方がいらっしゃいます。

その中で、本日は「膝蓋腱炎(ジャンパー膝)」についてお話していきます。

膝蓋腱炎とは?

膝蓋腱炎といえば、サッカー日本代表として2度のW杯に出場し、現在は鹿島アントラーズでプレイしている内田篤人選手が悩まされたことで有名な怪我ですね。

膝蓋腱とは、太ももの大腿四頭筋と言われる筋肉が集まり膝のお皿と脛骨を繋ぐ腱です。

その腱に繰り返しストレスがかかると細かい損傷が起き痛みが発生してしまいます。

その名の通りジャンプをする動作が多いバレーボールやバスケットボール選手に多い怪我となっていますが切り返しやキック動作が多いサッカーにも多い怪我のひとつでもあります。

痛みの出る場所は膝のお皿の下のあたりになります。

症状は?

主な症状としては膝蓋腱の痛みです。

症状が軽いうちは、運動後の痛みだけですが、徐々に悪化していくと、運動中(主にジャンプや走る時)に痛みが発生したり酷くなると歩くことですら痛みを感じるようになってきます。

原因は?

なぜ痛みが発生してしまうのでしょうか?

ジャンプ動作の繰り返しなどによる膝に繰り返し負荷がかかることや、

大腿四頭筋という太ももの筋力の低下や柔軟性の低下が原因としてあげられます。

なぜ太ももの筋肉が膝に関係するのか?

大腿四頭筋の集合体が膝蓋腱なのです。

そのため筋力が低下して左右のバランスが崩れたり、柔軟性が低下すると膝蓋腱にとても負担がかかってしまうのです。

アナタも膝蓋腱炎かも?

膝に痛み、違和感があった。

今現在痛みがある。

そんな人は膝蓋腱炎予備軍かもしれません。

チェックしてみましょう。

大腿四頭筋の柔軟性チェック

うつ伏せで寝て、踵をお尻につけます。

この時曲げている方のお尻が上がってこないでお尻に踵がつけば大丈夫です。

身体の使い方のチェック

スクワットをしてみましょう。

スクワットをした時に膝がつま先より前にでていませんか?

この場合お尻の筋肉やハムストリングス(もも裏)の筋肉がうまく使えていないのです。

さらに膝が足の人差し指より内側に入っていると靭帯損傷など他の怪我のリスクが高くなるので気を付けましょう!!

最近膝が痛くてチェックに当てはまる。

膝蓋腱炎が疑われたら!

予防や症状が悪化しないための対処方があります。

  • 安静

痛い動作やジャンプ動作を出来るだけ行わないようにしましょう。

症状が軽ければ数日の安静で症状は改善します。痛みが出た場合は、練習を中止してしっかり休みましょう

  • 冷やす

痛みが強かったり、腫れている、膝が熱いという方は患部を氷や保冷剤などで冷やしてください。

時間の目安としては20分になります。

冷やす際は凍傷に注意してくださいね!!

  • ストレッチ

太もも周りの筋肉のストレッチをしましょう!!

大腿四頭筋

  • 膝を伸ばして座ります。
  • 伸ばしたい側の足の膝を曲げます。
  • かかとをお尻に近づけていきましょう。※ストレッチ感が少ない場合はそのまま身体を後ろへ倒しましょう。
  • 目標はこの足の位置で仰向けに寝る事です。
  • イタ気持ちいいな~とストレッチ感を感じるところで息を止めずに30秒間行いましょう。
  • 終わったら、反対側の足も同様に行います。

内転筋

  • あぐらをかくように座ります。
  • 両足の裏を合わせて膝を床へ降ろします。
  • 内ももが伸びてくるのを感じながらイタ気持ちいいなーと感じるところでキープします。
  • 息を止めずに30秒間行いましょう。

ハムストリングス

  • 先ほどの内転筋ストレッチと同じように足裏を合わせて座ります。
  • 伸ばしたい側の足を前へ伸ばします。
  • 伸ばした足のつま先を触るように体を前に倒しましょう。
  • ももの裏側が伸びるのを感じます。
  • 息を止めずに30秒間行いましょう。
  • 片足が終わったら、反対側も同様に行います。

これをやっても痛みが取れない!

痛くなる前にケアしたい!早く治してほしい!

などご要望があれば是非一度当院へお越しください!!

トリガー鍼灸・整体院には、膝蓋腱炎でお悩みの方もいらっしゃいます。

鍼治療やショックウェーブ治療、超音波を使った物理療法で膝の痛みや筋肉の硬さを取ることができます。

1人1人の状態に合わせた治療法がご案内できます。

スポーツの秋にむけて一緒に準備をしていきましょう!!

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。

コメントは受け付けていません。