ダメージは夏以上!?見直そう秋の紫外線対策

皆さんこんにちは!!

9月に入ったにも関わらず、まだまだ暑い日々が続きますね。

段々と涼しい日も増えてきますので寒暖差には注意してくださいね。

さて、今回のテーマは「紫外線」です。

紫外線といえば、シミやたるみの原因になりますよね。

肌の老化の原因の90%と言われています。

そして、夏が危ないイメージが強いですよね!

そのため、夏は紫外線対策するけど、ほかの季節は全くしないという方、結構多いのでは??

秋の紫外線を甘くみてはだめです!!

夏は対策するけど、秋はしない。

そのため、秋の紫外線の方が、肌に与えるダメージが大きいのです。

今回は、紫外線とその対策について説明させて頂きます。

 

紫外線とは?

よくUVケアなど聞きますよね。

UVとはultraviolet、紫外線の英語の略語なのです。

紫外線とは、太陽光線です。

そのうち、地球に届く紫外線がUV-AUV-Bです。

この2種類の紫外線、どちらも肌の老化の原因になるもので、どちらも防ぐ必要があります。

UV

UV-A

UV-Aは、肌に与える急激なダメージは低いですが、徐々にダメージを与えていきます。

ですが、肌の奥の真皮と言われる部分まで侵入して、肌のハリや弾力を奪っていきます。

しわやたるみの原因となってきます

UV-B

UV-Bは、肌へのダメージが強く、肌表面の細胞や、DNAを傷つけて炎症やしみの原因になります。

紫外線の量が一番強いのは、78月の夏がピークです。

ですが、秋の太陽の位置は夏よりも角度をつけて移動します。

なので、夏は真上から日が照っていますが、秋は顔全体に日が当たる様になります。

そのため、顔全体に与えるダメージは秋の方が高いのです。

紫外線による被害

・日焼け

皆さんが第一に考える紫外線による被害は「日焼け」ですよね?

日焼けにも種類があります。

・紫外線を浴びてから数時間で肌が赤くヒリヒリして、数日で日焼けが落ちてしまう「サンバーン」

・紫外線を浴びてから数日後に黒くなって、数週間~数ヶ月間続いてくる「サンタン」

サンタンとサンバーンどっちになるかは、その人が持つメラニン色素を作る能力が高いか低いかによります。

メラニン色素は紫外線により黒くなります。また、紫外線から皮膚を守ってくれます。

能力が高い人はサンタンになり、低い人はサンバーンになります。

・シミ

シミの原因はメラニン色素です。

通常メラニン色素は、一定の周期で皮膚の表皮細胞と一緒に剥がれ落ちます。

しかし、紫外線にあたりメラニン色素が皮膚を守ろうとしてメラニン色素を過剰に生成してしまいます。

そのため、一定の周期で落とせないほど溜まってしまうと、シミという形で長い時間をかけ、皮膚に現れてしまうのです。

・たるみ

たるみの原因は紫外線による、コラーゲンやエラスチンと言われる成分の産生を抑制や破壊です。

加齢による顔の肌の老化は2割ほどと言われています。

あとの8割は太陽光によるものと言われています。

そして老けて見える1番の原因は皮膚のたるみなのです。

たるみが起きることによりシワが出来たり、ほうれい線、二重顎など悪循環ばかりです。

紫外線対策

日焼け止めクリーム

紫外線対策といえば日焼け止めクリームですよね??

パッケージに「SPF」や「PA」に数字が書いてありますよね?

SPF

SPFは主にUV-Bを防ぐための指数です。

パッケージには10253050などなど50までの数字が表記されていますよね?

この数字は塗らなかった時に比べて、何倍の時間紫外線から皮膚を守ることが出来ます。

という数字なのです。

通常、人が日焼けするのにかかる時間に個人差はありますが1020分と言われています。そのため、SPF30の場合長い人で10時間延長できる計算になります。

PA

PAは主にUV-Aを防ぐための指標になります。

PASPFとは違い「+」の数が表記されていますね。

+」が多いほどUV-Aから皮膚を守ってくれます。

SPFPAこれらの数字や表記が多い方がいいから、どんな時も「SPF50 PA++++」の日焼け止めを使っている。

出かける前に一回塗ってそれっきり。

電車や車で移動してあとは屋内にいるから塗らない。

そんな方多くありませんか??

その使い方間違っています!!! 

どんなにSPFPAが強くても、時間が経つにつれ落ちたり、汗をかいて落ちてきてしまいます。

理論上、何十時間も効果があっても日焼け止め自体が落ちたら効果はありません。

そして、SPFは数字が高い程、肌にかかるダメージも高いのです。

20分くらいの買い物にSPF50の日焼け止めを塗ってもあまり意味がありません。 

また、電車の中、車の中にいるから、日焼けしないと思っていませんか?

紫外線は窓ガラスを通過して、人の肌へダメージを与えていきます。

なので、移動の最中も塗るように心掛けましょう。

食事 

紫外線対策は、日焼け止めクリーム以外にもできます。

食事です!!

紫外線対策にオススメの食材をご紹介します!!

β―カロテン

抗酸化作用があり、肌の表面を整えて、ハリやツヤを出してくれます。

例)かぼちゃ、ニンジン、アボカド

ビタミンA

強い抗酸化作用を持っています。

また、免疫力を高め、お肌や粘膜守り、肌荒れ予防も期待できます。

例)レバー、うなぎ、鶏肉

ビタミンC

紫外線に対する抵抗力をつけるのに適していると言われています。

メラニン色素の生成抑制効果もありますので、過剰生成予防にもなります。

また、たんぱく質と合わせて取るとコラーゲンを生成してくれて、ハリや弾力のあるお肌を作ってくれます。

例)キウイ、イチゴ、パプリカ、レモン

ビタミンE

血行を良くし、メラニン色素の排出を促してくれます。

例)アボカド、アーモンド

アスタキサンチン

紫外線を浴びて出来るメラニン色素除去力がビタミンE100倍以上と言われています。

また、肌の脂の量を正常に保ってくれたり、細胞の保水力を保ってくれるのでお肌のうるおいを守ってくれます。

例)鮭、えび、かに

上記の食材や成分があなたのお肌を紫外線から護ってくれたり、ケアしてくれます。

気付けば、夏も終わり秋へ移行していきます。

食欲の秋!

食べるものを意識して、お肌を紫外線から護りましょう。

美容鍼

顔に鍼をすることにより、血流がよくなり、栄養と老廃物の循環円滑にし肌のターンオーバーを促してくれます。

紫外線対策だけでなく、リフトアップや、ほうれい線を薄くしたり、肌質そのものの変化もみられます。

そのため、お化粧のノリがよくなったり、潤いのある肌を手に入れることができますよ!!

美容鍼について詳しくはこちら

まとめ

紫外線を浴びることがお肌に対して絶対にダメ!!

という事ではありません。

適度な日光浴は健康のために絶対必要です。

長時間、無防備に紫外線にあたることがよくないのです。

なので、用途に合わせた日焼け止めクリームや、毎日の食事を意識していきましょう。

10年、20年後のお肌がケアしてない人と全く違います。

美しいお肌をキープできるよう頑張りましょう。 

本日もご覧頂きありがとうございます。

コメントは受け付けていません。