あなたの骨盤は歪んでる?産後の骨盤矯正のプロが教える簡単歪みチェックとセルフ矯正法!

みなさんこんにちは!

本日もトリガー鍼灸・整体院のブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は、【骨盤の歪み】についてお話をしていきますね!

腰痛や肩こりの原因としても考えられますし、出産をされた方・控えている方は特に気になるのではないでしょうか?

トリガー鍼灸・整体院にも骨盤矯正を受けている方が多くいらっしゃいますので、当院の骨盤矯正の方法や骨盤の歪みはどうやってチェックするの?などお話していきますね!

どんな方が骨盤矯正を受けるの?

1.出産を経て、体形の変化に悩むお母さん

当院では、一番多いのが産後の骨盤矯正です。産後はスタイルが崩れてしまう!と感じる方が多いようです。

出産前の体形に戻そうと一生懸命ダイエットをする方も、ご自身の体形に自信を取り戻せないと感じる方が多く今までついていなかったような、腰周りの脂肪を脂肪の浮き輪に例え、悩むお母さんが多いです。

2.慢性的な腰痛に悩まされている方

姿勢が崩れる事で腰への負担が大きく、腰痛を感じている方。

長時間の同一姿勢が続いた後に腰が固まった!と感じてしまう方や、背中から腰が丸まり、筋肉が必要以上に伸ばされた状態で固まっている方が多いです。

3.坐骨神経痛のように、下肢への痛みやしびれを感じている方

日常的なクセにより骨盤が歪み、腰から足へ伸びる神経のどこかに負担をかけてしまうことでふとした時に痺れや痛みを感じたり、座った姿勢が続くことで下肢に痺れを感じている方が多いです。

上記の方以外にも、骨盤矯正をすることで身体を整え、メンテナンス利用をする方も多くいるのが、トリガー鍼灸・整体院の特徴です!

産後の骨盤矯正とは?

産後のスタイル変化の原因は、ホルモンバランスの乱れ骨盤の歪みと言えます。

妊娠3ヶ月~産後は、女性ホルモンの1つ「リラキシン」が卵巣から分泌されます。これは、赤ちゃんがスムーズに出てこられるように骨盤・恥骨結合部を柔軟にして産道を広げ、出産を助けてくれるホルモンです。

このホルモンの作用により、出産後も骨盤は不安定な状態が続きます。

骨盤の歪みや不安定性は、腰痛、肩こり、頭痛、坐骨神経痛、慢性疲労など様々な症状から、女性の気になるスタイルやプロポーションの崩れる原因となるんですね。

これらの悩みを解決する一番の方法が骨盤矯正ということですね!

あなたの骨盤は歪んでない?歪みチェック!

骨盤がずれているかどうかのチェック法をご紹介します。

産後は誰でもずれているものですが、徐々に戻っていくのが普通です。ですが、中には1年以上経っても戻らない方もおり、1年以上経過しても骨盤の歪みがある場合には、しっかりと戻さなければなりません。

一般的には、ホルモンの関係もあり、産後半年以内に骨盤を整えることが出来ると良いと言われています。

骨盤-股関節の開き具合チェック

仰向けになり両足を伸ばします。鏡に向かって寝て、鏡の中心線に身体の中心を合わせて自然に力を抜いた状態になりましょう。その状態で自分のつま先をのぞいてみます。

爪先とかかとがきれいなVの字になっていなければ骨盤が曲がっている可能性があります。

両足の傾きがほぼ同じになるのが理想的です。いずれかの足が大きく傾いている場合は、股関節のずれがあると考えられます。

骨盤のねじれチェック

仰向けに寝て両足を腰幅に開きます。

左右の骨盤の1番高いところに親指を、床に中指をつけてその高さを比べてみましょう。

正常な場合は左右の高さが同じになります。

どちらかが高い場合は、低い方に骨盤がねじれている可能性が高くなります。右側が高い場合は左側に骨盤がねじれています。

自宅で出来る骨盤の歪み矯正法!

無理せずにゆっくり自分のペースで行うようにしましょう。

やればやるほど早く矯正されるというものではありません。毎日継続して行い、矯正していく方法です。

背中伸ばしストレッチ

両手両足を床につけ、まるで猫が伸びをするようにお尻を突き出します。

ポイントは背筋を伸ばしたまま、腰だけを折るようにして前屈することです。

両手はまっすぐ伸ばし、からだも真っ直ぐ伸ばすように意識してください。そうすることで、骨盤につく筋肉が左右均等に伸ばされて整います。

ローリング矯正

仰向けに寝て両ひざを立てます。両ひざをくっつけたまま、左右にパタンパタンと倒しましょう。

骨盤のずれがある人は、倒しづらい方向があるはずですが、ゆっくり繰り返すことで整い、倒しづらさも減ってきます。

上記の方法をまずはご自宅で試してみましょう!

丁寧に続けていただければ、直後から効果を感じる方もいます!ですが、またすぐ歪んだ状態になりやすいので毎日欠かさずに継続することで元の骨盤の位置へと矯正されます。

それでも、

  • 自分でやるには難しい
  • やってるけどなかなか改善しない
  • 自分でやるのは面倒くさい

そんな方はぜひトリガーにいらしてください!

私たちが骨盤の歪みをチェックして、現在の骨盤がどういう状態なのかのご説明もさせて頂いた上で施術をしていきます。

施術は、骨盤周りの筋肉をほぐし、整いやすい状態にしてから持続圧をかけて行います。

バキバキと音が鳴るような施術や、無理にひねったりなど危ないことは一切致しません!

優しい力で丁寧に骨盤を整えていくことを約束します!

これだけは知っておきたい!骨盤矯正の注意事項!

妊娠中はもちろん、産後1か月くらいの時期までは、骨盤矯正を行うことはやめましょう。

1カ月経過をしていても、出血傾向のある方など、不安が残る場合はもう少し期間を空けてから行うようにしましょう。または、かかりつけの産婦人科の先生に聞いてみるのも良いでしょう。

また、骨盤は日常生活のちょっとした行動で歪みを生みます。

骨盤矯正を行ってもそれがまた歪んでしまうような生活をしては意味がありません。普段から足を組む、猫背になる、高いヒールを履く、全く運動をしないなどに気を付けるようにしてください。

立ち方、座り方、歩き方まで、日々の小さな歪みを解消しましょう。特に出産後の骨盤が柔らかくなっている間は、正しい姿勢を心がけることが大切です。

出産という大きな役割を終えた骨盤です。そのままにせずしっかりとしたケアをすることで今後の生活が楽になりますよ!

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントは受け付けていません。