朝起きたら寝汗びっしょり? それって寒暖差疲労かも?

皆さんこんにちは

いつもトリガー鍼灸・整体院のブログをご覧頂きありがとうございます。

 

30℃を超える日々、今年の夏は特に暑いですね。

皆さん!熱中症、脱水症状などには気をつけてくださいね!

 

今回のブログのテーマは『寒暖差疲労』です!

いわゆる夏バテの1つですね!

 

ここまで暑いと、冷房の効いている涼しい場所や、冷たいものを求めがちになりますよね?

そのため、手足が冷えたり、食欲がわかない

寝つきが悪い、たくさん寝たのに疲れが抜けない

冷房をつけて寝ているのに、朝起きたら寝汗がびっしょりなど、、、、

こんな経験ありませんか?

暑さのせいだと思い冷房の温度を低く設定して過ごしているのに一向によくならない。

その症状、もしかしたら寒暖差疲労かもしれません。

寒暖差疲労とは?

私たちの体は暑い環境にいると、体内の熱を逃がそうと血管を広げ汗をかくことで熱を逃がします。

逆に寒い環境にいると、熱を産生したり、熱を逃がさないように保温を行うようになっています。

そのバランスをとるのが自律神経です。

寒暖差の激しい環境にいると、熱を作る、逃がすという切り替えが激しく大量のエネルギーを消費するので気付かないうちに負担となるのです。

 

寒暖差といえば気温の変動が激しい季節の変わり目や、梅雨の時期になるイメージが強いですが暑い夏の時期にも起こります。

暑い屋外で数時間過ごした後、冷房がもの凄く効いている屋内に移動すれば、その時点で寒暖差が発生します。

屋外と屋内の温度差が7℃以上あると寒暖差疲労が現れやすいといわれています。

暑さのせいだと思い、どんなに部屋を涼しくしても症状が改善されることはありません。

 

寒暖差疲労の症状としては

  • 手足が冷たい
  • 疲れが抜けない
  • 肩こりがひどい
  • 寝つきが悪い
  • 寝汗がひどい
  • 食欲がない
  • 頭痛

などの症状になります。

寒暖差疲労にならないための4つの対策

では寒暖差疲労にならないようにはどうすればいいのでしょうか?

ご自宅で出来る簡単な対策がありますので始めてみましょう!

温める

夏は暑いからシャワーだけ!

という方、多いのではありませんか?

疲労の回復や冷えを回避するためには、湯船に浸かることをおススメします!

湯船に浸かることで血流がよくなり、代謝がよくなるからです。

浸かる時間は15分程度で、温度は38℃程で大丈夫です!

炭酸ガスの入浴剤などがあれば、尚よし!

また、冷房の効いている部屋で過ごす際には、薄手の上着を羽織ったり、ストールなどで首が冷えないようにしてください。首には、太い血管が通っています。そのため、首を温めることによって、冷房による冷えを和らげる効果があります。

 

食事

三食きっちり摂りましょう!食欲がなくてもしっかりと食べることが重要です。

食べ物からしっかり栄養をとって寒暖差に耐えられる体を作りましょう。

体は熱くても冷えたものを食べると内蔵は冷えていますなので体の中から温めてくれる温性食材を積極的に摂りましょう!

体を温めてくれる、温性食材と冷やしてしまう冷性食材をご紹介します。

温性食材

玉ネギ、人参、ニラ、ネギ、ショウガ、ニンニク、鶏肉、シソ

紅茶、ウーロン茶、ジャスミン茶など

冷性食材

トマト、ホウレン草、キュウリ、レタス、ナス、バナナ、スイカ、馬肉、あさり、カニ

緑茶、コーヒー、牛乳、ビールなど

 

え、こんな食材なんだ!と思うものがいくつかありますよね?

三食きっちり食べて、食べるものにも少しきをつけてみましょう!!

ツボ

夏バテに効くツボがあるのでいくつかご紹介します!

湧泉

冷えや足の疲れに有効なツボです。

冷房の効いた寒い部屋から体を守ってくれます。

ツボの取り方;足の裏、母指球と小指球の丁度真ん中、足を丸めた時凹む場所につぼがあります。

三陰交

特に女性の方にはオススメのツボになります。

こちらも冷えに有効なツボになります。

他にも女性の疾患によく効くと言われています。

生理不順、生理痛などに悩んでいる方はこのツボを刺激してあげてください!

ツボの取り方は:内くるぶしから人差し指を添えて頂き、丁度小指の上のあたりになります。骨の際にツボがあります。

足三里

食欲不振、全身のだるさに有効なツボになります。

胃腸の調子や自律神経の調子を整えてくれるツボになります。

ツボの取り方:膝のお皿の下の外側から指4本分下の場所、脛の骨の外側につぼがあります。

今、ご紹介したツボを30秒以上「痛気持ち良い」と思う強さで持続的に押して見てください。

また、冷えの症状が強い人は旋撚灸を買っていただいてそこにお灸を据えていただくと尚よし!です。

是非試してみてください!

マッサージ

疲れが取れなかったり、凝っている場所がある人はセルフマッサージをオススメします。

やり方は簡単!ゴルフボールやテニスボールなどのボール状のものをご用意ください!

横になっていただき、気になる場所の下にボールを入れてください。

ボールが当たって「痛気持ち良い」感覚がベストです!このようにマッサージしていただければ、リラックス効果もありますし、全身の血流のUPやコリの撃退も出来ます!是非試してください!

まとめ

いかがでしたでしょうか?初めて聞いた!という方もいたのではないでしょうか。

ご紹介した4つの対策、やってもあまりよくならなかったり、自分でやるのは面倒だな、という方はトリガー鍼灸・整体院にお電話下さい。

当院では、リラクセーションマッサージや、鍼治療で全身の疲れをとり、寒暖差に負けない体づくりをするお手伝いをさせていただきます。

また、だるくなる前に、痛くなる前に予防することも大切です!

1度、お身体の状態を見てほしい等のご要望がありましたら当院までお越しください。

 

本日も最後までブログを読んでいただきありがとうございます。

夏に負けない体を作っていきましょう!!

コメントは受け付けていません。