腰痛だけど、ゴルフがしたい!

トリガー鍼灸・整体院には、スポーツをプレーする方が多く来院されます。

平日はお仕事

週末に趣味のスポーツ

素敵な毎日を過ごされている方が多いですね♪

先日、毎週のようにゴルフを行うという方が来院されましたので、ゴルファーに多い腰痛をテーマにお話ししていきます!

ゴルフと腰痛

ゴルフをするとき、腰が柔らかくないとプレーできないんでしょ?

と思っていませんか?

「スウィングの時に腰が回らなくて・・・」

「スウィングの姿勢を取るともう痛い」

という方、その原因が全て【腰】にあると思っていませんか?

ゴルファーの腰痛は、腰じゃない

ゴルフをしている方の腰痛は、腰に原因がないことがほとんどです。

まあ、ほとんどの腰痛の原因が腰にはないんですが。

では、腰が痛くなる原因はどこにあるのー?ということをお話しますね!

答えから先に言うと、【股関節】です。

もちろん全ての原因が股関節とは言いませんが、90%近い確率で股関節が原因で腰を痛めている方がほとんどです。

股関節と腰

「身体をひねってください。」

とお願いすると、みなさんは身体のどこを動かすことをイメージしますか?

腰をひねる

と思っていませんか?

もちろん、パッと見た目は腰をひねっているように見えます。

ですが、実は、腰の骨(つまり腰椎という背骨の一部)はひねることが苦手な関節だということをご存知でしたか?

人間の関節には、ジョイントバイジョイントセオリーという理論があります。

動く関節と固定する関節

簡単に言うと、関節毎に【動き】と【固定】の役割があるということです。

我々の身体は、複雑に動きます。その中で、全ての関節があらゆる方向に動いてしまうわけにはいきません。

例えば、歩く時、股関節を曲げて足を前に振り出します。

前に出した足が床につくとき、膝がぐにゃぐにゃだと倒れてしまうと思いませんか?

つまり、股関節は【動き】の役割を持っている関節で、膝関節は【固定】の役割を持っています。

そして、腰椎は【固定】の役割があります。

隣り合う関節は、別の役割があるのが、ジョイントバイジョイントセオリーです!

動き-固定‐動き-固定-動き-固定・・・と順番に並んでいます!

腰をひねってはいけない

腰椎は、関節を固定させる働きを持っています。

反対に言うと、可動性には乏しいのです。

身体の構造や機能から考えて、腰をひねってはいけないのです。

ひねりを作り出すのは、腰椎ではなく、【股関節】と【胸椎】です。

今回は、股関節にフォーカスしていきます!

股関節の働き

股関節の働きには、曲げる・伸ばす・ひねるというものがあります。

それらを動かすのも、動きを制限するのも、筋肉です。

股関節の硬い人は、特に腸腰筋大殿筋といった筋肉が固まっていることが多いです。

特に、ゴルフをプレーしている方は腸腰筋が硬い人が多いです。

この筋肉は、股関節を曲げる動きに働きます。

スウィングの姿勢を取る時、つまり、身体を前傾させたときにこの筋肉が短縮するのはイメージがつきますか?

本来なら、筋肉は柔らかい組織ですので、うまく縮むことが出来ます。

ですが、硬いものは上手く縮むことが出来ません。

そうすると、縮んでくれないよ~という信号が脳に痛みとして送られてしまいます。

これが、ゴルファーの腰痛の正体です。

腰痛の正体

「スウィングの時に腰が回らなくて・・・」

「スウィングの姿勢を取るともう痛い」

こんな腰痛をお持ちなら、今すぐ腰を揉むだけの治療院や、もみほぐしを受けるのをやめてください。

痛むのは腰かもしれません。

ですが、痛みの原因は腸腰筋です。

つまり、足の付け根やお腹からほぐしていかないといけません。

腸腰筋セルフケア①

腰痛があるけど、自分で緩和する方法はないの?と声が聞こえてきました!(笑)

あります、ご自宅で出来る簡単セルフケア!

まずは、仁王立ちです。

おへその高さで手のひら1つ分外側に少しへこむようなポイントがありますよね?

写真の丸がついている箇所を指で押します。

脇腹を握るイメージで行うとやりやすいです!

押したまま、フラフープを回すように大きく腰を回します。

始めのうちは押している箇所が痛いかもしれません。

10周ほど回しているうちに痛みも取れてきますので、頑張って続けてみてください(^^♪

腸腰筋セルフケア②

続いては、ストレッチのご紹介です!

うつ伏せになります。

両手を肩の横に起きます。そのまま、手で床を押すように上半身をガバッと起こしてあげましょう。

足の付け根からお腹にかけて伸びてほしいストレッチです。

コレをすることで腰に痛みが出る方はやめておきましょう。

これは、ストレッチですので伸ばした姿勢で10~20秒程度キープして、身体を寝かせて、また起こして、と2回繰り返してみてください!

①をやってから②をするとよりやりやすくなる感じがありますので、ぜひ試してみてください!

トリガーの治療

セルフケアもした!

治療院にも通った!

それでも痛みが取れない!!

そんな方はぜひトリガーにお越し下さい。

あなたの腰痛の原因と最適な解決方法を見付けます。

もし、腸腰筋が硬いのは知っていて、それをほぐそうと努力はしているけど…施術直後は良いけどすぐ元に戻る。

なんて方には、鍼治療ショックウェーブ治療をオススメ致します。

どちらも、固まった筋肉・筋膜をほぐすことが出来る方法ですが、なんといっても手では届かない奥の筋肉まで届く

という利点があります。

まだ、鍼治療もショックウェーブ治療も試したことがない!あなたは、きっと驚くと思いますよ(^ω^)

まとめ

いかがでしたか?

ゴルフをするときに腰痛がある。

そんな方は、腰だけではなく、腸腰筋をほぐしてみてください!

お腹の筋肉が硬い人が多いので、お腹からほぐして徐々に奥の方まで緩めていきましょう!

コメントは受け付けていません。