痛みに湿布。は正解ではない。

あなたは、

「イテテ、(首や肩が痛い)・・・湿布貼ろ。

としていませんか?

 

こんにちは!

 

本日も、トリガー鍼灸・整体院ブログをご覧いただきありがとうございます。

当院には、「痛み」を抱えてご来院いただく方が非常に多いのですが、その中でも多いのが

「数週間前から痛くて・・・湿布を貼ってるんですけど治らないんです」

という悩みを持つ方。

ブログをご覧のあなたも、そんなことありませんか?

 

身体のどこかが傷むと、痛みを感じる場所に湿布を貼る。

これがお決まりになっている人が多い!

 

yjimage (10)

 

 

そんな方に、いつも質問していることがあります。

 

「痛めたきっかけはありますか?」

「痛めた箇所を押すと痛みが強くなりますか?」

「何もしていなくても、痛みますか?」

 

すると、

 

「気付いたら痛くて・・・」

「触っても痛くないけど、ふと痛みます」

「動かさなければ何ともないです」

 

と言う方が多いのです。

 

コレ、湿布の出番ではないです。

 

貼って、効果を感じずに来院されるので本人もお分かりだと思いますが・・・

 

触っても痛くない

動かすと痛い

動かさなければ何ともない

 

これらをヒントに、我々は

 

筋肉の問題かな?

トリガーポイントかな?

など考えます。

 

我々の身体には600以上の筋肉があると言われています。

それらが、何層にも重なり合ってうまく配列されています。

 

身体を動かす際に、筋肉がうま~く滑り込み、重なり合うことで肩を上げたり、首を回したり、いろんな動きが可能となるのです。

この滑走が悪くなると、筋肉が必要以上にこすれて痛みとなって現れます。

はたまた、筋肉同士や筋肉と筋膜(筋肉を包み込む薄い膜)がくっついてしまい、動かなくなってしまうと

トリガーポイントと言われる痛みの原因を作り出してしまいます。

 

トリガー鍼灸・整体院では、滑走が悪くなっている箇所・トリガーポイントのできてしまった箇所を丁寧に緩めていきます。

痛みを引き起こす原因となる箇所は、痛みを感じる場所から離れている事が多いです。

 

身体のどこかに、動きの悪い箇所があり、それを補うように

周りの筋肉たちが必要以上に動いてしまう。

 

これを、自然と私たちの身体では行っています。

そのアンバランスな活動が積み重なり、負担が大きくなると

 

「イテテ…」

 

となることが多いです。

当院をご利用の方はご存知かもしれませんが、

トリガー鍼灸・整体院では、患者様のお身体を診させていただく際に、全身を診ます。

痛みの箇所だけに問題がある。

 

そんなこと、ありえないからです。

全身を診て初めて、身体の動きの悪い部分が見えてきます。

 

全身の姿勢のチェックや、関節の動きを確認するのは、痛みの原因となりうるであろう、動きの悪そうな箇所を探すためなんですね!

IMG_3655[1]

 

あなたの身体は、どうですか?

 

「首が痛いな~」

という方は、背中や肩の筋肉が硬くなり、動きが小さくなっているかもしれませんよ!

伸びをしてみたり、背中を伸ばすストレッチなどしてみたらすっきりしませんか?

 

お身体のお悩みがある方は、ぜひトリガーでお身体のチェックを受けてみませんか?

身体が軽くなるためのアドバイスもしっかりさせていただきます(^^)

コメントは受け付けていません。