全ての身体の不調って実は・・・

みなさんこんにちは!

本日もトリガー鍼灸・整体院のブログをご覧いただきありがとうございます。

今年の夏は暑さが止まらなさそうですね・・・

夏の暑さが苦手な私にはとてもつらい時期になりそうです(笑)

 

こうも厚いと、薄着になるこの季節!

皆さん、鏡やビルの窓に映る自分の姿を確認したことはあるでしょうか?

どんな【姿勢】をしていますか?

背中が丸まって、顔は前に突き出て・・・

 

猫背

 

こんな姿勢の人が多いのではないでしょうか?

 

猫が立つと本当にこんな姿勢をするのでしょうか・・・

それはまあいいとして(笑)

 

 

 

・姿勢の悪さから見た目で損をしている

・猫背を上司や家族から注意される

・からだの硬さが気になる

・呼吸が浅い

・マッサージを受けてもすぐに元に戻る

・いくら寝ても疲れが取れた感じがしない

・肩や首がこる

・腰が痛い

 

これは、姿勢が原因の症状に悩まされているからです。

姿勢が良くなることで、からだの機能が回復し、日常生活を楽におくれるようになりますよ。

 

 

人間には本来、自然治癒力という力が備わっています。

しかし、現代人は

 

・運動不足

・ストレス

・睡眠不足

・暴飲暴食による内蔵疲労

・偏った動作の繰り返し

 

などにより姿勢が崩れ、血行が悪くなることで、この自然治癒力を発揮しづらくなってしまうのです。

結果、自然治癒力を発揮することができずにいるせいで疲れが抜けず、ケガが治りにくいからだへと少しずつ変わってしまうのです。

 

今のあなたの肩凝りや腰痛・・・

 

すべての原因は姿勢にあると言っても過言ではないのです。

 

姿勢が良い人は疲れにくく、身体への負担が少なくなります。

猫背になると、重力をに受け、それに対抗するように筋肉が必要以上に働き続ける・・

すると、その状態で身体が固まってしまう。

猫背になると、猫背を助長するような悪いサイクルに陥ってしまうのです。

 

では、そんな猫背を治すにはどうしたらいいのでしょうか?

 

まずは、猫背の種類を知っておきましょう!

 

猫背 種類

 

このような猫背のタイプに分けられると一般的には言われています。

 

では自分がどのパターンなのか、簡単な方法でチェックしてみましょう!

 

壁の前に立ち

足の踵→お尻→背中→肩→頭

の順番で壁にくっつけていきます。

 

この時、

壁に頭をつけるのが窮屈だな

と感じるのであれば猫背気味だと言えるでしょう。

 

そして、注目してもらいたいところがあります。

 

壁と腰の隙間に自分の手のひらを差し込んでみてください!

 

手のひらが2枚分以上の隙間が空いている方は、お腹を前に突き出しているような姿勢をとっていませんか?

上記の分類だと、お腹の猫背です。

 

手のひらが1枚も入らないという方は先ほどとは反対に、腰から丸まっている姿勢をとっていませんか?

上の分類だと、腰・背中の猫背だといえます。

 

 

次に、猫背の改善方法を説明していきます。

 

一般的な猫背は

広背筋など、背中にある姿勢維持のために働く筋肉の強化

大胸筋など、胸やお腹にある筋肉の柔軟性を上げる

大胸筋ストレッチ

姿勢矯正ベルトの着用など・・・

他のサイトやメディアでも紹介されているもので大丈夫です!

しかし、反り腰や腰から丸まってしまう猫背の人にはこの方法だけでは足りない、というのが実際のところです。

 

では、何をすればいいのか。

 

反り腰からくる猫背の人は

ももの前にある筋肉のストレッチ

腸腰筋ストレッチ

 

 

お尻の筋肉の強化

 

 

ヒップリフト

こういったことをして、反り腰を改善していくことが重要となります。

 

 

逆に腰から丸まっている人

 

ももの裏側にある筋肉のストレッチ

ハム ストレッチ

ももの前側にある筋肉の強化

腸腰筋 体幹トレ

 

これらをおこなって、丸まった腰を改善していくことが重要となります。

 

反り腰タイプ、丸腰タイプはまずそれを治すような働きかけをしなければ根本原因の改善にはつながりません。

今まで、自分でいろいろやったよーという方や一般的な改善方法しか行っていなかった方は自分がどの猫背タイプなのか、確認したうえで自分に合う方法を行ってみてください!

 

 

猫背の改善には、時間をかける必要があります。

長年かけて蓄積された猫背を改善するのですから、一回や数回で改善することも難しいんだ、ということを理解して継続して改善を頑張ってください!

それでもなかなか改善が難しいなーと感じる方はぜひ、専門家の協力のもと、一緒に頑張りましょう!!

コメントは受け付けていません。